東京アートメイクでの色素の退色予防と美容治療

東京でのアートメイクをすると決めたら、準備として控えたほうが良いこともあります。

あらゆる美容サービスを受けられる現代ですが、中には東京でのアートメイクに影響をしてしまうものもあるためです。施術をする部位にもよりますが眉の場合、施術前の眉のブリーチは控えます。ブリーチした直後は肉眼ではあまりわからないものの、皮膚は薬剤によるダメージを受けている状態です。

東京でアートメイクをするなら、ブリーチは最低でも2週間ほどは期間をあけます。美容クリニックなどを利用しての美容ケアは、今では珍しいことではありません。大掛かりな美容整形手術だけではなく、もっとお手軽な美容医療の施術も受けることができます。光治療やレーザー照射などは、長いダウンタイムもなく会社を休む必要もありません。あらゆる美容医療治療の中でも、比較的受けやすい光やレーザーでの美肌治療ですが、それでも皮膚への負担はあります。

皮膚細胞を入れ替える強めのレーザーなどは、細胞の代謝が良く新陳代謝が良いため、その時期に色を入れるのは向いていません。ターンオーバーが良くなってしまうので、皮膚は綺麗になろうとしますが、インクの定着は良くはないです。絶対に美容レーザーや光治療がダメなわけではないですが、東京でアートメイクをするなら、最低でも美容治療は2週間くらい間隔をあけます。ターンオーバーによる皮膚細胞の生まれ変わりを活発にするので、ケミカルピーリングもひと月くらいはお休みです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *