手彫りとマシン彫りから選べる東京アートメイク

東京でのアートメイクですが方法は2つであり、昔からある手彫りと専用機器を使った機械彫りがあります。

手で一針一針丁寧に掘るのが手彫りであり、ペン型をしている専用器具先端部分に針を付けての施術です。マシンを使う際の違いですが、その都度針を使い捨てにするのが手彫りの特徴でもあります。根強い人気を誇る東京での手彫りのアートメイクですが、仕上がりがナチュラルなのが人気の秘訣です。

毛並みが大変自然に表現することができるので、まるで自分の眉毛のような仕上がりになります。マシンを用いてのやり方でもある程度はできるものの、自然な仕上がりを目指すなら手彫りに勝るやり方はありません。専用機械を使ったマシン彫りの良いところは、施術自体がスピーディーなことです。痛みに関してもマシン彫りの方が少なく、デジタルマシンですから強弱の調整をすることができます。

仕上がりに関しては若干見た目がのっぺりとして見えるのは難点ですが、早く仕上げたい人にはうってつけです。2つの施術方があるものの、片方だけが完璧に良いというわけではありません。仕上がりの違いや施術希望部位などによっても、また本人の希望も含めて選択をすることができます。慎重に一針一針ごと入れるのが、東京での手彫りでのアートメイクです。施術者の経験や技術力にもよるものの、マシンと比較したら時間がかかります。マシンよりも痛みは感じやすいですが、マシン彫りより格段に自然な仕上がりは大きなメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *