東京でのアートメイクの色持ちをよくするために

丁寧な施術で信頼の持てる東京でのアートメイクですが、せっかく入れた色ですから長く良い状態に保つためのポイントを知っておくと良いです。

ゴッドハンドのごとく腕の良い施術者であっても、必ず数年もすれば入れた色は薄くなっていきます。色持ちに関しては人それぞれで個人差が大きくかかわりますが、持ちをよくするために習慣を意識することです。皮膚の上に最初からあった色素とは異なり、あとから入れた色なので体としては、不自然な物と認識して外へと出そうとします。ほとんどの人は2回から3回は色を入れて完成させますが、もしも完全にまだ傷がいえていない時に施術部位に何度も触れると、それだけ色は早く薄くなります。

安心の東京でのアートメイクですが、傷口が完治するまで少し痒くなることがあり、つい何度も触れてしまうかもしれません。幾度も触れるとその分だけ、体外へと色素が出てしまいやすくなります。完全系になるまで少し時間は必要であり、気になることはあっても触れないことです。また東京でのアートメイクが終わったからといって、すぐに皮膚に刺激になることを始めるのは控えます。

施術後の特に1週間ほどは、施術部位の皮膚に対していつも以上のやさしさが必要です。傷口はおよそ1週間ほどは完全には癒えませんので、その期間はクレンジングなどもしないようにします。スペシャルケアとして、定期的に自宅でのピーリングをする女性は多いです。活発な皮膚細胞の入れ替わりにも良い方法ですが、東京でアートメイクをしたら、しばらくはピーリングもお休みです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *