刺青とは異なる自然な仕上がりの東京でのアートメイク

アイブロウとは異なり表皮層の浅い部分に色素を注入するのが、東京でもできるアートメイクです。

表皮からほんの0.03ミリほど下に、専用の針を使い専用のインクを入れます。皮膚に色を入れることを考えると、刺青と同じように思うかもしれません。刺青の場合は表皮の浅いところではなく、もっと深い部分にインクを入れます。表皮層のもっと下の部位へのインク注入ですから、皮膚細胞の生まれ変わりの影響を受けません。

浅い表皮層にインクを入れる東京のアートメイクは、年数が経過することで退色をしていきます。ところが皮膚のターンオーバーも関係ない刺青は、一度入れたらその後消えることがありません。くっきりはっきりいかにも刺青とわかるのが刺青ですが、東京でできるアートメイクはとても自然な仕上がりです。専用インクを皮膚の比較的浅い所へ入れるので、不自然になることがありません。対応できる部位としては、眉が最もポピュラーです。普段から眉毛をアイブロウで書くのが苦手な人などは、東京のアートメイクは向いています。

朝のアイメイクの時間も短縮ができますし、眉が薄くてアイメイクなしでは外出できない人にもピッタリです。アイラインの上下に施すことも可能であり、アイラインがあまり上手く引けない人にも向いています。メイクをすることができるものの、落ちやすいのが悩みとか、滲みやすい人もインクを入れる方法ならお悩み解決です。もっと可愛くなりたい人にもピッタリであり、アイラインに東京でのアートメイクをすることで、目力が格段にアップします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *