交通事故で弁護士に交渉を依頼するとメリットも大きい

交通事故に遭っても自動車の任意保険に入っているから全て保険会社が解決してくれると思っている人も多いのではないでしょうか。しかし中には保険会社が間に入って交渉が出来ない場合もあります。実は保険会社が交渉出来るのは相手への賠償の部分についてなのです。ですから、例えば自分がケガをして相手から治療費や慰謝料を支払ってもらわないといけない場合、その金額についての交渉は自分自身で行わなければなりません。

ただし自分自身で相手の保険会社と話をして揉めるケースも珍しくありません。そんな時のために交通事故専門の弁護士がいるのです。弁護士に交渉を依頼する事のメリットは様々ですが、まず一つ目は煩わしい交渉から解放されるという事です。相手保険会社の担当と話をしても、専門用語などを並べられると知識不足の被害者の方がどうしても立場が弱くなってしまいます。

相手の誠意のない対応にストレスが溜まる事もあるのではないでしょうか。弁護士に間に入ってもらえれば、全て交渉を任せる事が出来ますので、治療にも専念する事が出来ます。そして二つ目は賠償額の増額が期待出来るという点です。交通事故の慰謝料には「自賠基準」「任意基準」「裁判基準」この3つがあるのですが、弁護士に依頼するとこの中で一番高い「裁判基準」で認められる事が多いのです。

金額によっては弁護士費用を支払っても元の金額よりも大幅に増額されるケースもあります。もし交通事故で困っているのなら、まずは相談してみる事をお勧めします。広島の過払い金の弁護士のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です