交通事故の被害者になった場合の慰謝料は

日本でも全国各地で、死亡事故などが後を絶ちません。交通事故を起こした場合に、加害者と被害者が存在します。その場合に必ず示談という話になります。示談とは、被害者に対して損害賠償を払い、この金額ですべて忘れましょうということになります。

損害賠償で支払われるお金が、慰謝料ということになります。その示談の交渉には加害者と被害者が直接行ってもいいですが、やはり保険会社が入るのが一般的です。その示談金=慰謝料は、自由に決めることができますが、捺印を押してしまうと低い金額しかもらえなくなります。なので、捺印は慎重に行うのが重要です。

傷害事故の場合には、治療が終わっていないのに捺印してしまうと治療費が払ってもらえなくなります。私の友人のお父さんが、数年前に交通事故に遭いました。そのお父さんは、自転車に乗っていて相手は車でした。今も後遺症で入院生活を送っていますが、症状固定されたはずなので示談金はもうすでに払われているはずです。

法律で決められているとしても、交通事故にあった被害者は慰謝料をいくら払われても納得できるものではないはずです。被害者になっても加害者になっても慰謝料で解決するかもしれませんが、交通事故をに関わった人たちの心の傷は消えることはないはずです。どれだけ注意していても交通事故は起きますが、その時の対応がその人たちの関係を良くも悪くもすると思いますので、その場所から立ち去ることなど絶対にして欲しくないものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です