交通事故の慰謝料と別の請求権との違いを知る

被害者は、交通事故に巻き込まれたときに保険会社に対して必要な請求をすることを求められます。このときに請求する権利を慰謝料請求と言います。基本的に、交通事故の案件によって請求できる慰謝料請求権は、複数の権利をまとめてそう総称されることが多いのですが実際には多くの権利を複数合わせてまとめて請求金額を計算していることがほとんどです。そのため、実は保険会社に対して請求することが可能な権利は一つではありません。

では、慰謝料請求権の他の交通事故ではどのような権利が被害者に対して与えられるのでしょうか。最も代表的な権利として物的な損害を賠償させることが出来る損害賠償請求権が存在します。損害賠償請求権は、自動車によって生じた被害者の実際の物に対して請求することが出来る権利のことを言います。交通事故の場合は事故によって自動車が大破することがあるため、物的な保証としてこの自動車の損害を賠償させることが出来るのです。

ただし、慰謝料請求権と損害賠償請求権では明確な違いが存在するということも認識しておく必要があるでしょう。交通事故の損害賠償請求権は、事故によって生じた実際の損失以外に関しては全く保証されません。つまり、損害の賠償と言うのは一般的には弁償と何ら変わらないのです。自動車の修理に50万円必要になったときには、この50万円を支払えば終わりになるのでこの点は慰謝料とははっきりと異なるためきちんと分けて考えなくてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です