誰に対して交通事故の慰謝料をすれば良いのか

交通事故の被害に合ったときには、誰に対してどのような権利を主張するのが正しいのでしょうか。交通事故を発生させた加害者でしょうか。実は、交通事故に関しては加害者に対して直接請求をするのではなく保険会社に対して請求することが大事になるのです。これは、他の民事的なトラブルとは全く異なる交通事故だけの特殊な点なので気をつけなくてはいけません。

本来、民間人同士でトラブルが発生したときには他の機関や会社はそのトラブルに関して口出しすることはありません。これは、国家権力の一つである警察であっても例外ではないのです。民間人同士のトラブルは民事的な案件として裁判で片付けるのが一般的であり、その裁判の結果によって当事者同士で慰謝料の請求金額が決定されます。しかし、交通事故の場合には事故が発生したときに必ず保険会社が登場することになるのです。

これには、法律的なしっかりとした根拠が存在します。そもそも、自動車を日本国内で購入するときには保険への強制的な加入義務があるのです。そのため、自動車で事故を起こしたときには必ず保険会社と話し合いをしなくてはいけないようになっており、被害者側がその話し合いに納得のいかなかった場合にはその保険会社と裁判をすることになります。どのような結果になるにせよ、事故の慰謝料の案件では専門的な法律知識を有した保険会社の人間と話し合いをしなくてはいけないため、被害者もそれに合わせた万全の慰謝料請求の準備が必要になるのです。

そのことを忘れてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です