土地や不動産の遺産相続の問題は弁護士に相談できる

相続における争いというと、資産家だけに限った問題であると感じている人もいるかもしれません。遺産相続の金額が大きければそれだえ問題が発生するとも考えられますが、実際には1000万円以下の相続でトラブルが起きるケースが全体のおよそ32%というデータがあります。5000万円以下の遺産の場合では、全体の42%で問題が発生していると言われており、両者を合計すると75%近い割合の争いが小規模のものとなります。従来までは家督相続が多く、親と同居している長男が資産の多くを受け継ぐことが文化となっていましたが、現代では民法による規定に基づいて均等に分けることが重視されていますので、納得できない人の場合には弁護士に相談することができます。

遺産は分割することが当たり前の世の中となっていることから、少額であっても遺産分割を期待している人が増えています。財産が多く残っていることがあらかじめわかっているときには、専門家である弁護士に依頼することで相談ができますし、分配作業をしやすくすることが可能です。遺産分割をするときにトラブルが起きやすい事例としては、土地と不動産に関する例が挙げられます。土地や不動産として分けられない資産が残っているときには、トラブルが起きやすく、住み続けたい人と売却して換金したい人など価値観の差も出てきます。

相続人のうちの1人でも反対すると、不動産の名義を変えることができなくなりますし、土地の分け方も問題になります。話し合いをスムーズに進行させるためにも、弁護士に相談することは最良の選択と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です