相続をスムーズに進めるには弁護士に相談するのが最適

家族が死亡したときには、残された財産に関して遺産相続が行われます。相続は被相続人が亡くなったと同時に開始されるもので、遺産の全てにおいて家族が引き継ぐものとなります。家族間において分割を行えば法律の手続きとは関係なく開始することが可能ですが、遺産分割に関しては問題が生じやすい特徴があります。多くの方は遺産分割の経験に乏しいということができますので、未然にトラブルを防止するためには専門家である弁護士に相談することが良い方法となります。

家族同士における話し合いで全てを解決できれば最も良い方法となりますが、法的な手続きが必要となるケースも少なくないために弁護士が間に入ることで仲裁してもらうことでスムーズに手続きを進めることができます。弁護士事務所では遺産分割の相談だけではなく、相続を放棄したいと考えている場合や遺言書の作成においても相談することが可能です。遺産の一部分を受け取る権利を持っているにも関わらず得られていないときには、遺留分減殺請求を行うこともできます。遺産分割の手続きを遺言書や遺産分割協議によって解決できなかったときには、弁護士に相談することで家庭裁判所での調停や、審判によって解決を図らなければならないことも考えられます。

遺産分割の協議は全員が合意しなければ成立できませんので、専門家の力をかりることで処理を進めることが問題を長引かせないために大切なこととなります。相続登記などの手続きも必要となってきますので、司法書士とも連携が取れている法律事務所に依頼すると便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です