相続に関する相談は専門弁護士法人に

遺言書の書き方がわからない、相続放棄した方がいいかどうか悩んでいる、資産分割でもめてしまったというような場合は、プロに相談をする方がいいでしょう。相談先としては弁護士が候補として浮かぶと思いますが、お勧めは相続を専門にしている大きな弁護士事務所か弁護士法人です。その理由は、受け入れ体制にあります。大きな事務所等の場合、例えば、女性の顧客に対しては女性の弁護士が担当したり、顧客が遺産分割でもめている場合にはその経験が豊富な弁護士がつく等、人材の厚みが違います。

また、税理士資格も持っている人もいますので、大きな相続案件でもワンストップの対応をしてもらえることが期待でき、安心して任せることができます。もちろん、専門家といっても経験の差は人によってあります。そのため、担当の人が決まったとしても、その担当者は仲間のサポートを受けながらチームで仕事をしてくれるため、高いパフォーマンスが期待できるのです。また、こういった事務所や法人は、相続に関する問題を未然に解決できる能力も高いです。

もめないことを重視したり、節税を重視したりと顧客によって要望のポイントは変わりますが、生前贈与や不動産の有効活用も絡めながらそれぞれに合った提案をしてもらえる可能性があります。そのため、相続が発生してから相談に行くのではなく、元気なうちから相談に行って万全の対策をするために利用するという選択肢もあることを知っておくことが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です