総合とNISAの証券口座の比較 - 証券口座を開設するなら各社の比較はしっかりと

総合とNISAの証券口座の比較

証券会社では一般的な証券口座として、総合口座が用意されています。また、少額投資優遇税制が受けられる証券口座としてNISA口座が別に開設できる仕組みがあります。
この総合とNISAの証券口座を比較すると、証券税制面で大きな違いが生じています。総合口座では証券売買を行うと、配当や株式などの譲渡益に対して20%の税率が掛かることになります。
それと比較して、NISA口座では証券売買で発生する配当や株式などの譲渡益は非課税扱いとなります。


そのため、税制面では総合口座よりはNISA口座の方が、非課税になる分有利となっています。しかし、NISA口座における証券売買では、年間の非課税枠が限定されている状況があります。

証券口座の比較の情報をお知らせします。

非課税枠として年間で120万円までと設定されています。したがって、非課税枠を超えるような金額の投資を行いたい場合には、総合口座を使う必要が出てきます。
また、2つの口座を比較すると総合口座は損益通算ができるのに対して、NISA口座では損益通算ができない違いが存在します。



損益通算ができると損失が出た取引と利益が出た取引を合算して税金額が決定されるため、損失を出した取引のマイナス分の一部を取り戻すことが可能となります。


しかし、NISA口座では損益通算の制度がないため、損失が出た取引のマイナス分を穴埋めする方法がないことになります。



したがって、含み損が出る可能性のある取引では、総合の証券口座で取引をした方が良いとも言えます。