相続の手続きを弁護士に依頼するメリット

両親に不幸があった時に必ず発生するのが遺産の問題です。近年では両親が健全でいたころには兄弟姉妹ともに仲良く暮らしていたのに、遺産の問題で急に不仲になるといった揉め事も少なくないようです。このような相続について専門家に依頼をする場合、多くの人は弁護士や司法書士や税理士に依頼することを検討します。ネットで検索しても様々なサイトがあり、実際は誰に頼めば良いか悩んでしまうという方が非常に多いようです。

相続の手続きを弁護士に依頼するメリットとはどのような事でしょうか。法律上争いの可能性がある案件の対応は弁護士にしかできないのが特徴です。遺産の分割協議書の作成は他の専門家でも可能ですが、相続人の間で遺産の分け方について具体的な対応ができるのは弁護士のみに限られた特権です。遺産に関して争いになった場合を予測して、いざ争いが生じた時に依頼者に不利益をもたらさないように配慮をするのが役目です。

またこのようなトラブルを未然に防ぐための、最適なアドバイスを依頼者にするのも仕事の1つです。また司法書士や行政書士は書面を作成することは可能ですが、実際の依頼者と遺族との交渉までは立ち入りができないのが難点です。その点に関しては弁護士は依頼者や遺族との交渉を一手に請け負い、調停や裁判になった際に代理人として交渉が可能です。依頼人の代理として遺産分割書類の作成から、調停・訴訟までを一括して管理して様々なトラブルを法律によって解決に導いてくれるのです。

まさに相続の手続きに関しては、法律を駆使して依頼者の希望を叶える専門家ともいえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です