相続の相談は弁護士がいい

親族の方に資産をお持ちの方が居る場合に、その方がご逝去した際に自動的に資産を相続することになります。資産とは、お金や株券、土地住居といった不動産などさまざまですが、思ったよりも評価額が高いために、多額の税を支払わなければならないことがあり注意が必要です。特に不動産の評価額は受け取る本人には知らされていないことが多いため、トラブルになりやすい案件になります。貰い受ける資産の一部だけを破棄することは出来ず、不要な資産のみを破棄して欲しいものだけを貰うことはできません。

どのような資産がありどのように相続すればいいのかを相談する相手として弁護士が居ます。弁護士は法律のスペシャリストですから、できるだけ手間を掛けず面倒なく相続する方法のアドバイザーとして頼ることが出来ます。兄弟が何人も居て、資産の中に土地があり、その土地を兄弟全員に渡す場合には、土地を分割する必要がありますが、土地の分割は面倒な手続きが必要です。その手続きの手間も一挙に負ってくれるのが弁護士の役割です。

土地の分割は分筆といいますが、素人が行える作業ではなく、分筆をできる資格を持った人に頼まないといけません。こんな時には誰に頼むのか、このような資産の扱いはどうすればいいのかなどの場合、弁護士に頼ることができるため、相続する場合の手間の大部分を削減できます。親族に資産が多い場合には、弁護士に相談しておくことで、予め心配事を減らすこともできるので、こういった選択もオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です