交通事故の慰謝料に不満がある場合

こちらがどんなに運転に気をつけていたとしても、交通事故は起きてしまうものです。例えば、一時停止や信号を守っていたにもかかわらず、前をよく見ていなかったり信号無視をしたドライバーに追突されてしまう、といったことが生じてしまいます。物損事故ですむ場合もありますが、ひどい時には何週間も入院しなければならないこともあります。交通事故にあった時には、自動車保険が適用されますが、しかしまだ十分に治療が終わっていないにもかかわらず、相手の保険会社が何度も示談をするように勧めてくる場合があります。

示談にするなら、示談が設立してその後慰謝料が支払われます。しかし、示談の内容や慰謝料に納得がいかない。という場合が時には生じます。何週間も入院して仕事を休んだにもかかわらず、慰謝料が少なすぎる。

といったこともあるでしょう。そういう時に、泣き寝入りするのではなく専門家に相談しましょう。専門家として最も適切なのは弁護士です。弁護士は地元にたくさんいますが、できるなら交通事故問題に強い弁護士を探してみましょう。

交通事故問題に強い弁護士ですと、これまでいろんな事故の判例を取り扱ってきましたから、解決するのに助けになってくれるでしょう。弁護士の中には、初回無料相談を行ってくれる人もいますので、そういう弁護士を探して一度相談してみましょう。また、市や町でも交通事故無料相談が行われていますので、そういうのも活用しましょう。広島で債務整理のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です