交通事故が起こってから解決までの流れと弁護士の関係

交通事故が起こってしまってから、すべてが解決するまでには、多くの手続きがあり、一つ一つステップを踏んでいく必要があります。ほんの些細な物損事故で、もめる要素がほとんどないという場合は、早期解決もあり得ますが、死亡事故や重い障害が残ってしまうような人身事故については、解決まで長丁場を覚悟しておくことも必要です。交通事故の手続きと、弁護士がどのような役割を果たすのかを見ていきましょう。事故発生直後は、交通事故現場での対応が重要になります。

優先すべきは人命救助です。被害者・加害者のどちらかが怪我をしている場合には、何よりも救急車を呼ぶことが第一になります。救急車の次は、警察への通報をしなくてはなりません。その後、保険会社へと連絡するのが一般的ですが、この時点で弁護士への依頼をしても構いませんが、もう少し後の段階で弁護士の手配をしても遅くはありません。

怪我の治療や、警察による交通事故の捜査が終了したら、いよいよ示談交渉の準備作業に入ります。示談交渉をするには、まず相手の特定と、必要書類の準備を終えなくてはなりません。また、損害賠償額の試算をしておくと、具体的な損害賠償額を相手方に提示するときに役立ちます。準備が整いしだい、示談交渉のスタートです。

一般的に、示談交渉には弁護士と保険会社の担当者だけが参加します。この席では、損害賠償金額や支払い条件などが確定します。示談内容についての細則を記載した示談書が完成したら、すべての手続が終了します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です