遺産相続は破棄することもできる

親族が死亡した際に遺産相続を行えますが、これは相続せずに放棄することもできます。兄弟など、相続人が複数いるときに相続争いに巻き込まれるのを避けるために放棄することがあります。また、遺産とは必ずしもプラスになるものではないため、負債が多い場合も放棄する方が良いです。例えば、故人がカードローンのような保証人を必要としない借金をしており、借金が残ったまま死亡していたとしても、遺族は保証人になっていないため、この借金を返済する必要はありません。

しかし、借金も故人の遺産であるため、遺産相続を行う場合は引き継がれ、返済しなければならなくなります。そのため、故人にどのような遺産があるのか確認し、全体でプラスになるのかマイナスになるのか判断します。遺産相続を放棄する場合、相続開始を知ったときから3か月以内に家庭裁判所に放棄の手続きを行います。自分が相続対象になる前は手続きを行っても意味がないので注意します。

この期間内に手続きを行わなければ遺産相続を単純承認したものとして扱われますが、遺産の調査に時間がかかり、間に合わない場合は延長の申請を行えます。また、相続を放棄しても遺産がすぐになくなることはなく、他に相続人がいれば相続順位に従って権利が移っていきます。負債をなくしたい場合は相続人全員が順番に放棄の手続きを行います。なお、相続を放棄した場合は遺産全てを相続できなくなるため、プラスの遺産だけを相続することはできません。

遺産を処分していたり、隠蔽していた場合には放棄が認められなくなります。広島で債務整理のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です