遺産相続の話し合いは当事者だけが参加するべき

遺産相続に参加する人は、社会経験を長く積んだ人ばかりではありません。社会人一年目の人もいれば、もうすぐ還暦を迎えるような人まで多彩です。それは人生経験とも言い換えられますが、この要素を理由にして遺産相続に関係ない第三者が口出しをするのは好ましくありません。故人が遺してくれた財産を受け継ぐ遺産相続では、当事者全てが話し合いに参加して落ち着いた気持ちで結論を出すことが望ましいです。

ただでさえ大切な人が亡くなってしまい心が不安定な時期ですから、第三者が出した意見が耳に入ると心にもない決断を下すことが考えられます。その結果、一部の相続人が満足できない遺産相続になってしまう恐れがあります。第三者は、特定の人物の味方をする可能性が高いです。良かれと思いながら発言しているように見えても、最終的には第三者本人にも利益がでるような結論が出るように仕向けることが推測できます。

いつもお世話になっていたり、立場上意見を述べることが難しい第三者でも、遺産相続の話し合いに参加させないように毅然とした態度を示すことが大切です。故人から遺族が財産を受け取るための話し合いでは、当事者全員が納得できなければなりません。それを妨げる要素を排除するのは当然のことであり、もっとも身近な要因が無関係の第三者であるというわけです。多くは親戚が該当すると思われますが、大切な話し合いには参加してもらいたくない旨を確実に示すことが肝心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です