遺産相続を滞り無く終えるにはまず手順の把握から

遺産相続の手続きを滞り無く終えるためには、被相続人が生きているうちから遺産相続に関する知識を深めておくとは不可欠といえます。遺産相続についての知識を深めるための第一歩は、相続手続き全体の流れを把握することです。被相続人が亡くなったら、まずすべきことは遺言の有無を確認することです。確認した結果、遺言がある場合は遺言書に記載されている者が相続人となり、遺言がない場合は法律に従って相続人が決定されます。

なお、発見された遺言が公正証書の形では無い場合は家庭裁判所に検認の申立てを行って、調書を作成する必要があります。相続人が確定したら、被相続人が遺した財産を全て調べた後、その結果をもとに相続人全員による遺産分割協議を実施します。協議の結果、相続人全員の合意が形成できた場合は、その結果を遺産分割協議書に残します。合意が形成できない場合、一部の分割が合意に達している場合はその内容のみを先に遺産分割協議書としてまとめることが認められています。

遺産分割協議が不調に終わった場合は、家庭裁判所による調停もしくは審判によって遺産の分割方法を決定します。遺産分割協議終了後は、各相続人が相続した財産をもとに相続税の税額を計算して申告書を作成し、申告内容の根拠となる書類を添えて税務署に提出します。遺言書や遺産分割協議書はこの時提出する添付書類の一つとなります。相続税の申告と納税の期限は、相続開始の事実を知った日の翌日、言い換えると被相続人が亡くなった日の翌日から10ヶ月以内となっています。

つまり、被相続人が亡くなってから10ヶ月の間に、遺言の確認、相続人間で遺産相続の方法の決定、相続税の納付を全て行わなければならないことになります。相続税の申告と納税が遅れると、附帯税が加算されるので、遺産相続の手続きはスケジュール感を持って行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です