遺産相続についてのあれこれ

遺産相続というのは、亡くなった人が所持していた財産や土地などを配偶者や子どもなどの親族らに分配することを指します。この遺産を受け取る人を相続人と呼びますが、遺産相続は被相続人が亡くなって自動的に受け継がれるものです。しかし、この相続人が複数いる場合には法律に則って分配をする必要があります。その分配方法によっては様々なトラブルが生じてしまうので注意しなければなりません。

遺産相続をする際にまず第一に把握しておかなければならないのは、誰が相続人なのか、ということです。基本的には親族が相続人にあたりますが、遺言書があった場合にはその記述を優先しなければなりません。何故、遺言書が優先されるのかと言うと、亡くなった当人である被相続人の遺志を重要視しているためです。ただし、遺言書の内容が相続人にとって不利益であったり不遠慮な際には不服として申し立てが可能となっています。

相続人が決まるとその後、その遺産を実際にどの程度相続するかもしくは相続を拒否するかを決める必要があります。この遺産というのは、不動産や預貯金など以外にも、借金なども含まれるので必ずしも受け取ることで利益になるというわけではありません。そのため、遺産をすべて受け取る単純承認か、条件付きで受け取る限定承認や、すべての遺産を放棄する相続放棄にするか選ぶことになります。遺産相続は、こういった複数の手続きが必要となるために、出来るだけ弁護士など第三者の介入があった方がスムーズに事を進められる場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です