遺産相続の範囲や相続分

人が亡くなってしまうと、その人が持っている財産には遺産相続が発生します。これは、亡くなった人が持っていた不動産や預貯金など生前にもっていた全ての権利や義務が配偶者や子供などに引き継がれるものです。遺産相続を引き継ぐ人のことを相続人といい、その範囲は民法で定められています。亡くなった人の配偶者は常に相続人となります。

その他の相続人の第1順位は亡くなった人の子供で、もしもその子供が既になくなっていると言った場合にはその子供の直径である、子供や孫などが相続人となります。子供も孫も存在している場合には、亡くなった人により近い世代である子供のほうが優先されます。第2順位は亡くなった人の直径である父母や祖父母などで、どちらも存在する場合にはなくなってぃとに近い世代である父母を優先します。この第2順位は第2順位の人がいないと言う場合に相続人となります。

第1順位、第2順位がいないと言った場合には第3順位の亡くなった人の兄弟姉妹が、その兄弟姉妹がなくなっている場合には兄弟姉妹の子供が相続人となります。遺産相続を放棄した人は、初めから相続人ではなかったものとされるほか、内縁関係の人も相続人には含まれません。相続人が配偶者と第1順位の子どもである場合には配偶者が1/2、こどもが1/2を相続することになります。子供が2人以上いるという場合には1/2をその全員で分配します。

相続する人が第2順位、第3順位となる人の場合も民法でその相続分が定められています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です